topimage

2017-04

もう一人の気になる子も頑張っています - 2017.04.21 Fri

つばさやエディと同じように、家でも闘病中の猫がいます。
今月13日、肥大型心筋症を発症してから1年4か月を迎えた”ゆう”です。

ゆうのように「肺水腫を起こした子のほとんどは1か月以内で亡くなる」
と点滴してもらいながらつばさのかかりつけの先生に聞きました。

よくもって1年。
それ以上はほとんどないそうです。
借りっぱなしになっている酸素室ですが、
「今からはもう返したらだめですよ」と言われたのが2か月前。

調子を崩しながらなんとかここまで来たゆうですが、今は本当に崖っぷち状態。
進行性の病気なので悪くなる一方なのです。


4-21_2.jpg

ウエスト付近はずいぶん痩せました。
でもまだ5kgくらいあります。

4-21_3.jpg

最近は腹水が溜まって、一定量の利尿剤ではなかなか抜けません。

奥にあるのは酸素室です。
超怖がりなのでせっかくの酸素室にもほとんど入りません。
借りて1年になりますが、最期の瞬間のためだけに借り続けてる
ようなものです。

4-21_4.jpg

酸素室の代わりに、ケージの中に酸素のチューブを差し込んでいます。(白い円内)
透明のパネルで囲ったりしてますが、完全に密閉されてないので
あまり意味がないでしょうね。
気休めです

4-21_1.jpg

ピアノの上でくつろぐ”ゆう”。
つばさと同じように食べるものの好みが難しくなってきていますが、
これまでほとんど食べなかったカリカリを最近よく食べてくれます。



今飲んでいるお薬。
ピモベハート 1.25mg(強心剤)・・・・朝晩2錠ずつ
フォルテコール 5mg(血管拡張剤)・・・朝晩半錠ずつ
フロセミド(利尿剤)・・・・・・・・・朝20mg、夜15mg

3種類とも、調子を崩す度に少しずつ増やしてきました。
ピモベハートとフォルテコールは、今ではゆうの体重にしては
ほぼ上限の量だそうです。

あとは利尿剤で体調管理するしかないのですが、利尿剤も
あとほんのわずかで吐き気が出てくる紙一重の量です。
朝晩20mgずつにしたら吐き気が出るであろうことがわかっています。

先日先生に、「これだけの利尿剤をこれだけの期間飲んだ子は
今までいませんでした」と言われました。

肥大型心筋症は遺伝に関係していると言われてるそうなので、
ゆうは親から心臓病を受け継いだんでしょうね。
でも人一倍強い腎臓も受け継いだんやね~。

発病したときは11歳だったゆうですが、今月で13歳を迎えました。
よくここまで頑張ってくれたと思います。

もう1年以上覚悟する生活の中で、私の心臓(心)は強くなったな~と感じます。
ゆうと同じで心臓の壁が分厚くなったかも…

ゆうにつばさ。
頑張ってくれるかぎり、とことん付き合うつもりです。。






みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事
スポンサーサイト

この落ち着きを維持してくれたら… - 2017.04.20 Thu

4-20_1.jpg


昨日の朝、Fさんよりメールと写真が届きました。

  ”久々に、テーブルの上や流し台に上がりました。
  あとは、指で食べさせましたが、少しは自分で食べました。
  痙攣も見てません。
  お天気もよく、つばさの顏もいい顔してます。
  元に戻れ〜〜って思います。”



つばさ、私が行った夕方もテーブルに飛び乗ってきました!
そして抱っこするとスリスリと顔を寄せてきて…。

昨晩は痙攣もなくいつもより元気そうでした。
Fさんじゃないけど、本当に「どうか治って~!」と思います


4-20_2.jpg


火曜日の午後はまた病院でした。
点滴と、ステロイド・インターフェロンの注射をしてもらいました。

体重は3回連続まったく同じで、3.74kg。
減ってないというのは良いことだと言われました。
それまで量るたびに200gずつ減り続けてきてたんですから、
確かにそのとおりですね。

今やってる治療以外にあとできることとしたら、痙攣を止める薬を
飲むかどうか、だそうです。

ほとんど休みなく痙攣が起きるようになったら、そのときが
飲むタイミングのようです。
そんな日が再び来ることを阻止したい気持ちでいっぱいです…


点滴の間、看護師さんにいろいろ話を聞きました。
痙攣にもいろいろあって、●みんなが想像するような激しく身体が動くもの
●小さくピクピクするくらいのもの ●身体は動かないけど意識がなくなるもの
どれも発作だそうです。

瞬膜が出て意識がなく、どこを見てるかわからないことがこれまでに
2回ありました。
このまま死んじゃうの?って一番怖かったあのときのも発作だったんだ。
ありとあらゆる発作が起きて、つばさ、本当に辛いでしょうね


ずっと飲ませていたマイメジン(吸着活性炭)が無くなりました。
いつもの病院にはマイメジンはなく、コバルジンが処方されました。
とりあえず10包だけ出ています。
朝晩半包ずつ、つばさが飲んでくれるかぎり続けます。


  
火曜の朝に引き続き、昨日もまた保護主さんが来てくださいました。
つばさ・ハル・エディは保護主さんが一人だけではありません。
保護活動グループの拠点がつばさたちの元のお家でした。

まるちゃんは今ちょっと人見知りしますが、他の子は大丈夫です。
初めのうち怖がっていたエディもずいぶん慣れました。

このところつばさに食べさせることに追われ、ハルやまるちゃんは
いつも寂しい思いをしています。
みんな喜んでると思います







みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

いいときと悪いときと - 2017.04.18 Tue

おとといだったかな?久しぶりに玄関でお出迎えしてくれたつばさ
その後しばらく抱っこもさせてくれました。
抱っこしながらカーテンを閉めたり、あちこち歩きました。

元気で良かった!と思ってもコロコロと体調が変わります。
月曜日からは、落ち着いていた痙攣もまた始まりました。



4-18_1.jpg


昨日のつばさです。↑

到着したときから窓際にいてプルプル震えていました。

ちゅーるに混ぜたお薬(マイメジン)を持っていくと飲んでくれましたが、
その後も元気なく横になっていました。↓


4-18_2.jpg


何種類かのウエットを少しずつ食べてくれて一安心し、
「さあ帰りましょう」と支度を始めると痙攣が始まりました。↓


4-18_3.jpg


前の日も同じように帰ろうとしたら痙攣。
帰り際に始まるとなかなか帰れません。

意識なく力が入ったり震えたり。
だんだんのけぞっていきます。

痙攣してる最中にエディが来ました。↓
エディはつばさが大好きなんですね。


4-18_4.jpg


つばさ、途中で意識が戻りました。↓

二人揃って喉をゴロゴロ。
エディはふみふみしています。

[広告] VPS


今朝はつばさにとって懐かしい顔ぶれの方たちが会いに来てくれたそうです。
思い出して鳴いて喜んだと聞きました。
みんなにはご飯を手で食べさせてもらったそうです。

よかったね、つばさ!
頑張れ、つばさ!





みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

痙攣、落ち着きました - 2017.04.16 Sun

木曜日の点滴と注射のあと、現在まで痙攣は落ち着いているつばさです。
小さく震えることはあっても、身体が硬直するような痙攣は見ている範囲では
ほとんどありません。

でも代わりに食欲が減退となりました。
食べないのは新たな心配です。

土曜日はまた病院で、点滴とステロイド・インターフェロンの注射
を打ってもらいました。

食欲は落ちているのに体重は変わらず、3.74kgでした。



4-16_1.jpg



4-16_2.jpg


上の写真が金曜日、下が土曜日の晩のつばさです。↑

昨日は窓際に行って外を見る余裕もありました。

今朝は動き回って、階段を上り下りしたそうです。

でも暗くて涼しいところに籠りたがるということは、やはり体調は
良いとまではいかないのかな…。





昨晩頂いた差し入れです。↓

プロポーションコントロール

”痩せすぎの猫を健康的な『ぽっちゃり体型』や『ふっくら体型』へと目指す事に
貢献するキャットフードです。”


Mさん、初めて見るフードなので目にとまり、この説明を読んで
つばさとエディのために買ってきてくれました。

香りが強いせいか、つばさ食欲をそそられました!
お世話の時間帯にも食べてくれたし、夜中にも食べていたそうです。



痙攣がこの先どうなっていくのか、体調が良くなる可能性があるのか
わからない中、手探りの毎日です。

少しでもたくさん食べて、一日でも長く元気に過ごしてほしいです・・・






みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

木曜日のつばさと病院 - 2017.04.14 Fri

早朝4時半、ハウスに行きました。

キャリーの中で寝ていたつばさは起きて出てきました。
痙攣もなく、意識もハッキリしています。

すぐにミャウミャウのパウチを用意すると全部食べました。
ホッと一安心。
その後8時くらいまでに数袋のパウチを食べました。



4-14_2.jpg
朝7時半のつばさ
痙攣するときはココと決めてるかのように、予兆を感じて上ります


小さな痙攣は頻繁に起きていましたが、それはいつもどおりのこと。
Fさんに引き継ぎ一旦帰宅。

この日は午前の診察を受ける予定だったので、昼前連れていきました。

病院にて。
体重はまた減って3.74kg。

点滴と、ステロイド・造血ホルモン・インターフェロンの3本注射を
してもらいました。

もう命を助けるための治療ではありません。
嫌なことはやめてあげたい、そんな気持ちにもなってきます。
それで点滴のことを聞いてみると、水分補給はしてあげた方がいいと…。

左手のために痛み止めの注射を期待していましたが、
先生は痛み止めよりインターフェロンを選択されたのかな?



そして夜・・・
4-14_4.jpg


4-14_5.jpg


しっかりした目の元気そうなつばさがいました。
痙攣も少なく、ご飯のあと念入りに毛づくろいしています。

そのときどきでジェットコースターのように変化する体調に驚きます。
これが定着しないこととわかっていても、やはりホッとします。

今朝はNさんがお世話に行ってくれたので、さっき様子を聞いてみました。

今朝はなんと自力で階段を上り下りしたそうです!
昨日までは部屋の中でさえほとんど歩かなかったんですよ。
でも今朝はほとんど食べなかったと…。

午後からはFさんが様子を見に行ってくれるそうです。

朝晩のお世話の時間だけでなく、行けるときには小まめに
様子を見に行かないといけない段階に入ってきました。

つばさを知るみなさんの力をお借りしたいです・・・





エディのことも少し・・・
4-14_3.jpg
朝日を浴びて…


4-14_6.jpg
こちらは昨晩です


寝ているそばにカリカリの器を置いておくと、目が覚めてはポリポリカリカリと
やっています。

横着者!と怒るなんてとんでもない。
ウエルカムです。

また太ったエディを見たいです・・・


4-14_7.jpg
2015年3月3日 元気だった頃のエディ






みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

水曜日のつばさ - 2017.04.14 Fri

もう危篤かと思うような時間帯があったかと思えば、しっかりした目を
してる時間帯もあり・・・
つばさの病状はコロコロと変わり続けています。


4-14_1.jpg
水曜夜のつばさ


水曜日、夜のお世話に行くと、驚くほど体調が悪いつばさがいました。

瞬膜が出て目はうつろ、ボーっとしてどこを見てるのかわかりません。
伏せをしたままほとんど動かず、でも痙攣してるのではありません。

高い所に居たので、コタツの上に下ろしました。
長い間伏せの姿勢の後、ごろんと横になりました。

一旦良くなり始めていたのに悪化に転じた3月31日と同じような症状ですが、
今はあのときと比べ物にならないくらい瘦せ細ってボロボロ状態。

見てて本当に怖かったです。
もうこのまま逝ってしまうんじゃないかと思い、Fさんに見に来てもらいました。

ちょうどFさんが到着したとき、つばさと一緒に解放していたエディが
つばさに寄り添いに行き、つばさは我に返ったようです。

その後もボーっとした状態は続きましたが、口元へ持っていくとウエットを
少し口にしました。

そうかと思えば意識朦朧として口を半開きにしながら小さく痙攣したり、
帰るに帰られないような状態の悪さです。

でも二人とも家に家族も猫もいるので帰らないわけにいきません。
10時過ぎまでいて一旦ハウスを後にしました。


つづく・・・





みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

つばさの傍にいたいよ~ - 2017.04.12 Wed

土曜日の痛み止めの注射から日にちが経っていきます。

私が見ている範囲では、注射による好調をキープできたのは
月曜日まででした。

昨日(火曜日)はあまり元気がありませんでした。

左足がとにかく痛そうで、歩くときにも一瞬床に着けるだけ。
トイレや水を飲むのも苦労しています。

明日の注射まで、今日はちょっとしんどい一日になるのかな…



~月曜日のひとコマ~
4-12_1.jpg



4-12_2.jpg


つばさがくつろいでいると、いつもエディの方から寄りそいに行ってました。

ご飯がややこしくなってから一緒に過ごせる時間が短くなっています。

エディも寂しいんやね



~火曜日のひとコマ~
4-12_3.jpg


調子が悪くホットカーペットやコタツで過ごそうとしなかったつばさ

キャリーの中で小さく震えているときにエディが行きました。↓
ハルもそうだけど、エディつばさの体調が良くないことがわかってるんです。
寂しくてつい寄り添いにいくけど、つばさのことをちゃんと気遣ってあげてます


[広告] VPS


ところで!!
最近エディのことには触れてませんが、実はエディ、今絶好調なんです!
お薬の効果なのか暖かくなったからなのかわかりませんけどね。

もう1週間くらいハルと同じくらいの量を食べる日が続いています。
痩せたぶんを取り戻すんだ!と言わんばかりの食欲です
毛づやも毛並みも良くなりました!

この好調がずっと続くといいんですけどね・・・





みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

病院の先生のお話 - 2017.04.10 Mon

昨日の痙攣のあと、つばさは特に調子を崩すわけでもなく、
それまでどおりの状態を維持しています。

夜には、モンプチやシーバのようなパウチ3つをほぼ完食し、
その他にも缶詰を少しずつ食べました。
夜中にも置き餌していたカリカリ10gですが食べ切っていました。

激しい痙攣はあったものの、土曜日に打った痛み止めが効いている状態で
食欲もあります。



~病院にて~
次回の通院予定は今日か明日でしたが、昨日の痙攣のこともあったので
今朝行ってきました。

体重は少し増え、3.98kg。
食べてるけど水は飲めてないようで脱水を指摘されました。

今日の処置は点滴、ステロイド注射。


・・・痙攣について・・・
◆”白血病ウイルスによる脳の中での炎症”が原因ということでほぼ間違いない。
◆てんかんの痙攣のように今後付き合っていけるものではなく、悪化していく。

発作が起きたときの家での対処ですが、坐薬を使えるのは
痙攣が5分以上続く場合、もしくは断続的に痙攣が続く場合
だそうです。

あまりに頻繁に起きるようなら飲み薬を処方してくださいます。
ただ飲むならきちんと飲ませないと、かえって激しい痙攣を誘発するので
注意が必要だと言われました。
つばさの場合は今はまだそのタイミングではないそうです。


・・・痛み止めについて・・・
1回の注射で効果は2,3日続くそうです。
有効なら、次回木曜日の通院のときまた注射するとのこと。
それまで様子を見るように言われました。

見た目痛そうなのは左腕だけで、注射をしたからといって相変わらず
腕を上げて歩いています。
だけど注射の後元気になりました。
いったい他にどこが痛いんでしょうか?


痙攣に痛みに、何も言いませんがつばさは本当に大変なんでしょうね。
海外では安楽死の対象になってくるような、という話も聞きました。

「白血病はなんでもあります、突然死もあるし、いつ何が起きて
どうなるか全くわかりません」、という説明を最初の頃に受けていました。
でもまさかこんなことが起きるなんて!

お世話してる者たちはみんなそれなりに怖い経験もしていますが、
こういうのは初めてです。
実際毎日行ってドアを開ける瞬間は緊張します。
でも怖いなんて言ってられませんよね。
つばさは無理に頑張らなくていいよ、でも私たちは頑張らなくちゃね






みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

激しい痙攣 - 2017.04.09 Sun

昼の12時、FさんとSちゃんの目の前でつばさが激しい痙攣を起こしました。

Fさんの文章を引用します。
「最初後ろ足を気にしてくるくる3回まわり、その後倒れて激しく痙攣。
口からは泡が少し。失禁はなし。1分以上続きました。
治まった後、しばらく興奮してしっぽが膨らみ、大きな声で何度か鳴きました。
落ち着きましたが腰をあげることなくそのまま。
しばらくしてキャリーをつばさに向けると入ってくれたので移動しました。」

連絡を受けてハウスへ。

Fさんと交代して見守っていますが、いつもと変わらずというか、
寝息をたてて寝ています。
小さな痙攣はときどき。

一人でいるときにもときどき、今回のような大きな痙攣を起こしていた
のかもしれません。



4-9_8.jpg


さっきからずっとこの場所で眠っています。

寝ていても力が入ったり。

ゆっくり眠れない毎日なのかもしれません。


4-9_9.jpg


自宅の心臓病の子も今週で発病後1年4か月。
もう本当に後がなくなってきました。
もうずっと『”来週”のことを言えば鬼が笑う』状態です。

2カ所で同じような子を抱え看病も思うようにいきませんが、
心配なので時間が許すかぎり傍に居てあげたいです。





みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

痛み止めの注射もしてもらいました - 2017.04.09 Sun

昨朝はTさんがお世話に来てくれていました。

つばさの病院があったのでFさんも私も順に駆けつけ、
結局病院へはTさんと私で行き、Fさんが残ってお世話の続きを
してくれました。

病院にて。
つばさ、体重は3.9kg。
ついに4kgを割りました

元気がなくなってきていて、左手もますます痛そうだ、との説明に、
先生、昨日は痛み止めの注射もプラスしてくださいました。



4-9_1.jpg
夜、またたびに反応してクネクネ


4-9_2.jpg



4-9_3.jpg



4-9_4.jpg



4-9_5.jpg


痛み止めが効いたのでしょうか?

夜、いつもより元気なつばさに思わずシャッターを切りました。


4-9_6.jpg


お腹すいたの?

珍しく美味しそうなものがないか探しにきました。


4-9_7.jpg


新しく仕入れた3箱の猫砂の上でくつろぐつばさ

収納スペースは暗くて落ち着くようです。

何度かご飯を運ぶとたくさん食べてくれました。



もうホントに点滴を嫌がるので、できたら回数を減らしてあげたい。
でもステロイドの注射は一日限定の効き目だそうです。
そして痛み止めで元気が出たんだとしたら、どこかが痛かったということです。
痛みがあるなら通院をやめるわけにはいきません。
先生に相談しながら続けていきたいと思います。






みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪



関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ハウス管理人

Author:ハウス管理人
2015年夏から白血病の子たちの預かりを始めました。
現在4匹の猫たちが暮らす”猫のおうち”を数人の仲間と一緒に個人で管理しています。
お手伝いしてくださる方を募集中です。

家族紹介


ハル(♂)
推定'12~13年生まれ
ハウスに来た日:'15.8.7
普段は静かで優しい兄貴


つばさ(♂)
'14年秋生まれ
ハウスに来た日:'15.8.7
天真爛漫・天然
慢性腎不全で闘病中
脳内の炎症による痙攣とも
闘っています


エディ(♂)
推定'12年生まれ(諸説あり)
ハウスに来た日:'16.7.1
おっとり・もの静か
口内炎の治療頑張っています


まる(♂)
'16年8月生まれ
ハウスに来た日:'16.12.23
いい子という言葉がピッタリ


ぬん(♂)
推定'13年初めごろ生まれ
ハウスに来た日:'15.8.7
'15.11.11永眠
体は大きいけど繊細な
甘えたさんでした

「第31回 猫の譲渡会」


4月23日(日)
午後1時半~4時半
場所:堺東・東洋ビルにて


詳しくはこちらをご覧ください ↓ 
『ねころじの会主催里親会 Cat on fleek』


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

猫たちの日常 (7)
今日のハウス (1)
ハル (3)
つばさ (35)
エディ (15)
まる (11)
ぬん (1)
家の猫 (3)
ごあいさつ (1)
未分類 (1)

タグ

つばさ エディ まる ハル ぬん 

メール

メールフォームは、こちらです。


リンク

にほんブログ村 猫ブログへ


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR