topimage

2017-09

まるちゃんとお別れしました - 2017.09.11 Mon

まるちゃんのことをご心配くださったみなさま、
ご報告が大変遅くなってしまいましたが、9日の午前2時59分、
まるちゃんは天国へと旅立ちました…。

昨日は荼毘に付し、今日は借りていた酸素ハウスも返却しました。

泣いてる暇もないような数か月にもようやくピリオド。
まるちゃんの闘病が辛いものだっただけに、今は悲しみより放心状態です。

このあとじわじわと悲しみがこみあげて来そうな気がします。



9-11_1.png


最後に病院へ連れて行った翌日の朝6時半ごろから、呼吸が乱れる回数が
増えたまるちゃん。

まだ1歳になったばかりの元気な身体は何度も襲う危機を乗り越え続けました。

ようやく力尽きたのは日付も変わってしばらくした頃のことです。

苦しい時間帯を一心に耐え抜きました。

それでもなお、最期はネットで調べたとおりの苦しいものでした。



9-11_2.jpg


縦隔型リンパ腫という病気にかかってしまったこと、診ていただいた病院
の先生の方針など、まるちゃんは辛い最後になってしまいましたが、
ようやく解放され今は天国でつばさやエディと再会してるでしょうか?



あっという間に4つの骨壺が並びました。
見ていて信じられない気持ちです。↓

9-11_3.jpg




ハルくんはどうだったかというと…
まるちゃんには最後まで優しいお兄さんでした。

苦しそうにしているまるちゃんの顔をなめてあげたり…
亡くなったあとも何度かにおいを嗅ぎに行ってました。
ハルくんはまるちゃんが亡くなったことを確実にわかっていると思います。

一人残されて寂しくなったハルくんのために、
今後は家族の助けも借りて、人と一緒に過ごす時間を増やすことを考えています…。



~まるちゃんへ~
8か月半ほどの短い間でしたが、まるちゃんにはたくさんいい思い出を
残してもらいました。

まるちゃん、来てくれてありがとう!
楽しかったよ!!






みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事
スポンサーサイト

意を決して行きましたが… - 2017.09.07 Thu

9-7_1.jpg


日曜日の晩から苦しさが戻ってしまったまるちゃん。
月、火、水曜と苦しくなる一方の毎日でした。

夜が明けてから日中はわりと穏やかに過ごせるんですが、
夜中がダメなんです。

昨晩は特に苦しくて、付き添う私もほとんど眠れませんでした。

今朝は意を決して病院に連れて行きました。

ですが敢えなく退散・・・

先生は自然の流れに任す主義のようです。
酸素を吸入させることもあまり良く思っておられない雰囲気。

でもね、毎日苦しい、苦しいと言ってるまるちゃんから酸素を取り上げる
ことは私はできません。



今日はキャリーに入れただけで鳴いてたし、車の行き帰りでも鳴いてました。

明日以降なら先生も受けてくれそうでしたが、苦しい中連日連れて行くことを
逆に選べなくなってしまいました。

自然に任せてもあと少しだろうとのこと。

予想を超えて頑張りすぎない限り、このまま安心できる場所で看取るしかない、
と思っています。



今日はステロイドとコンベニアの注射をしてもらい、少し落ち着きを
取り戻したまるちゃん。

私たちも自分たちが倒れないように手を抜きつつ、まるちゃんに
寄り添っていこうと思います。。








みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

まるちゃんのためにできるのは… - 2017.09.04 Mon

昨日、まるちゃん専用の酸素室が届きました。

今まで使っていたのはバイオウイルで消毒し、早速持って帰りました。
これでとりあえず一安心。
家の子が急変しても大丈夫です




9-4_1.jpg


まるちゃん実は最近、酸素室の中に入らないんですよね…。

写真のようにもっぱらマスクを使って吸入させています。



9-4_2.jpg


昨日から今朝にかけては、約1週間ぶりに苦しい、苦しい時間帯でした。
一カ所でじっとしていられないから頻繁に寝返りを打ち、あちこち移動します。

まるちゃんに合わせてマスクを動かす私たち。
できるかぎりの時間付き添う努力はしていますが、深夜や夜中は
こちらも寝てしまってあまりお役に立てていません。

長丁場になってきて疲れがたまり、最近は気づいたらどこででも寝ている私です…




安楽死についてまた少し。

本当に苦しいときには楽にしてあげたいと思っていたのですが、
今朝Nさんに先生に再度確認してもらうと、なかなかそれは難しいことが判明しました。

どんなに苦しい時間帯があっても、ご飯を食べたり水を飲んだりしてるうちはまずダメ。
「昨晩しんどかったからお願いします」と言いたいところですが、連れて行ったときの様子が
先生の判断基準に達していなければ連れて帰ることになります。

病院が開いている時間帯に究極に苦しい状態で運び込むことが前提となれば、
なかなかしてもらえるものではありません。

従って、ほぼ自然にまかせることになろうかと…。




苦しくてほとんど眠っていないまるちゃん。

体力も限界に近付いてきていますが、横になっていると苦しくて
伏せしたりお座りしたりするようになってきました。

頑張らないで早く楽になってくれることだけを願う日々が続きます・・・

つばさもエディもみんな苦しい思いをして亡くなったのでしょうが、
息が苦しい病気ではありませんでした。

まるちゃんは本当にかわいそう

どうか早く楽になりますように・・・






9-4_3.jpg
入れ替わり立ち代わり人が来て、心身ともに安定しているハルくんです







みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

苦しいながらも落ち着いて過ごせた1週間 - 2017.09.02 Sat

9-2_1.jpg


今朝のまるちゃん。
この二日ほどはちょっと調子が良くて、一瞬ですがこんな明るい顔
をたまに見せてくれます。

先週の土曜日は死ぬほど苦しかったけど、この1週間は思いのほか
静かに過ごせたね!


今朝は動画も撮りました。↓

苦しそうに見えますが、基本と言えるような呼吸です。

今(午後4時)は、もっと努力呼吸になっています。
口ももっと開いて苦しそうです。

それでも少し楽な時間帯に口元へ持っていくとご飯を食べるんです。
汁気の多い柔らかいウェットならティースプーンに1~2杯食べてくれます。
お皿から直接はもう難しいけど、指につけるとなめるんですよ。

まだまだ頑張るのかな?まるちゃん。



[広告] VPS



まるちゃんの安定の裏で、自宅の闘病中の子が調子を崩しました。

食欲が落ちてご飯がほんとに難しくなっていましたが、ついに吐きはじめ
病院で吐き気止めをもらってきました。

木曜日から飲ませて、吐き気は止まったけど食べません。

利尿剤による腎臓への負担がついにこの時点で限界に達してきたようです。

吐いてしまってお薬を飲ませられなくなったら、薬で保てていた心臓が一気に
悪化するということです。

ここまでつまずいては持ち直してきた ゆう ですが、とうとう最後の段階に突入?
覚悟していたとはいえ、ショックで力が抜け、寝込みそうな気分になりました。

まるちゃんにはゆうの酸素室を代用していたので、新たに酸素室を一台
申し込みました。

ハウスでは今年に入ってからずっと看病ですから。
そりゃあどこかでゆうと重なってくるでしょう。
でも今じゃなくてもいいのにね~







みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

耐えるしかないようです(:_;) - 2017.08.29 Tue

1週間前の21日(月)に先生のお話を聞き、
まるちゃんは抗がん剤治療をしないことを決めました。

徐々に食欲が減り、その週の木曜日には再び病院。
ステロイドの注射などしてもらいました。

ところが26日(土)の午後から一気に状態が悪化しました。
午後3時ごろに訪ねた私はあまりの変化に驚き焦り、
急いで自宅に戻って心臓病の子のために借りていた酸素室を取ってきました。





8-29_1.jpg
26日午後 犬のように大きく口をあけて息をするまるちゃん


この日は時間とともに呼吸困難が悪化する一方で…。
日付が変わる頃には移動した先でおしっこやうんPまで垂れ流す…。
苦しくて顎が落ちそうなくらい大きな口をあけ、よだれも垂れてハアハアしてました。

覚悟しながら迎えた朝、少し落ち着いたものの息はやはり苦しそうでした。



※酸素室について
今日先生に聞いた話です。
扉を全部閉めなくても、呼吸は十分楽に感じる酸素の量があるそうです。
酸素は取りすぎるとかえって身体に良くないので、半開きくらいにして
好きなときに入れるようにしておいたらちょうど良いと言われました。
それなら使いやすいです。
助かりました・・・






8-29_2.png
今日の午後


もう死んでしまうのかと思ったまるちゃんですが、苦しかった土曜日以降は、
比較的落ち着いた時間を過ごしています。

でも一つ気になることが…。
以前同じ病気で見送った子がいたんですが、まるちゃんの方がずっと
息がしんどそうなんです。
ほぼ全ての時間口を開けてハアハアし、お腹の動きが大きいです。

これからどうなっていくのだろう?どうしてあげたらいいんだろう?
いろいろ疑問に思い、今日は病院に行ってきました。



先生がおっしゃるには、この先土曜日のような苦しみが何度も襲ってくる、
それがだんだん回復できなくなってきて最期のときがやって来る。

まるちゃんは当然のこと、私たち看病する者にとっても修行のような
厳しい日々になることでしょう。

私たちも並大抵の気持ちじゃ乗り越えられそうにないですよ。



以前から先生とは安楽死の話をしていたので、今日もう一度じっくり
そのことについて聞いて思ったこと。

まず先生の方針は飼い主がお願いしたときの患者の様子を見て
判断する、というものです。

しかし先生のハードルが思っていたより相当高いことがわかりました。
ちょっとやそっとの苦しみではOKが出そうにない。
土曜日に連れて行ってたとしてもOKなさらなかったかも、というくらい。

以前から”本当にもうどうしようもないとき”という言葉を何度か聞いたことがありました。
この”どうしようもない”には「体力的にも」という意味が含まれているような
気がしてきました。

息が苦しいだけでなく、食べれなくなってヨレヨレになって初めて?
ではまるちゃんはまだまだです。

食べれるなら食べさせてと言われ、さきほど指で口元にウェットを持っていくと
まるちゃん食べました。
苦しいときはもちろん食べれませんが、まだ食べれる時間帯もあるってことです。

ではこんな状態で長丁場になるんでしょうか?
答えはNOだそうです。

何が起きても受け入れられるように腹をくくって看病するしかなさそうです。

まるちゃんも辛いけどなんとか頑張って・・・







みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

まるちゃんのこと - 2017.08.23 Wed

これからのまるちゃんの治療について、保護主さんはずいぶん悩まれました。

保護主さん自身が8月末に手術(命にかかわりません)の予定が入っていて、
なかなかまるちゃんの病院に行く時間も取れず。

抗がん剤するかしないかの決断のために、保護主さんの代理の方を含め
もう一度病院で先生のお話を聞いたりしました。

結果、まるちゃんは抗がん剤をしないことになりました。



白血病で縦隔型リンパ腫を発症した子については、やはり延命は長くて
2,3か月であること(プロトコルに従ってのワンクール・4か月間を
終える可能性は非常に低い)。

毎週の抗がん剤投与には日中預けての処置が必要で、まるちゃんに
とって苦痛な日々になるかもしれないこと。

2,3か月は元気に過ごせるかもしれないが、結局は振り出しに戻って
苦しい日々が待っていること。

その他考えるべきことはいろいろで、本当に苦渋の決断だったと思います。
保護主さんの言葉から思いが伝わってきました…。




これからについてですが、ステロイドと抗生物質の注射はずっと続けていくそうです。

次は食欲が今より落ちたときに連れていくことになっています。




つばさ、エディと見送って、今度はまるちゃんまで…。

私たちのショックも半端なものではありませんが、ハルにも影響が出ています。

あまりに急激に仲間が減って、まるちゃんも相手をしてくれないという状況に
頭がついていってない感じです。

わけもなく大声で鳴いたり、ものすごく甘えてきます。





お別れまで残された時間はわずかとなってしまいました。

ただ一生懸命お世話して見守る、悲しいけど私たちにできるのはそれだけです・・・








みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

まるちゃん、縦隔型リンパ腫と診断されました - 2017.08.18 Fri

8-18_1.jpg



8-18_2.jpg



8-18_3.jpg


しばらくご無沙汰してしまいました。

前回まるちゃんのことをご報告したのが8月5日(土)。
ステロイドの注射をしてもらって少し良くなってきたという記事を書きました。

食欲回復しどんどん上り調子に!と期待していましたがその後もスッキリせず、
今週に入ってからはまた食欲不振に陥り、スープ系のものしか食べなくなりました。

この食欲不振は裏に何かある…
ずっと荒かった息もますます苦しそう…

そして昨日の検査で最悪の結果が出てしまいました。

『前縦隔型リンパ腫』という診断です。

レントゲンで胸は真っ白、心臓すら写っていません。
肺が小さく押しやられるように写っていました。

胸水がたくさん溜まっているはずとのことで抜く処置をしましたが、
胸水はあまりなかったそうです。
腫瘍自体が大きくなり肺を圧迫して苦しいのだろうということでした。



抗がん剤治療をするかしないか?
このどちらかしか選択の余地がありません。
保護主さんを中心にこれからどうしていくかを考えることになります。

抗がん剤は延命になるけど完治には至りません。
2,3か月で薬が効かなくなる、というのが今の医療の限界のようです。



とにかく今はただただショックで残念でなりません。

昨年12月末頃にやって来たまるちゃんは、お兄さん猫たちの闘病生活と
ずっと重なる日々を送っていました。

二人のお兄さんが居なくなって寂しくなったけど、これからゆっくり向き合って
あげられると思っていた矢先です。

来月ようやく1歳になるまるちゃん。
悲しすぎます。




そして最後に残った1匹のことを考えるとお世話の仕方を変える必要性も出てきそうです。

最低で10年は続けるつもりで始めた白血病の家でしたが、2年ほどで閉めること
になると思います。





でもまずはまるちゃん。

悲しいけど頑張ってお世話していきます・・・











~お世話係募集~
★Sハウスでは一緒に猫たちのお世話をしてくださる方を募集中です!★
詳しくはこちらから →→
 クリック♪





みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

8月7日、ハウスは2周年を迎えました - 2017.08.08 Tue

2015年8月7日、ぬんハルつばさの3匹のお引越しをし、
ハウスの運営をスタートしました。

ゼロの状態から少しずつ工夫し、必要なものを集めていきました。

思いがけなくぬんちゃんが体調を崩したのが10月のこと。
あっという間に天国へと旅立ってしまったぬんちゃん。

それから8か月間、ハルつばさだけで仲良く過ごしました。
2匹とも「どこが白血病なん?」とみんなが思うくらい元気だったんですよ。

そして2016年7月1日にエディが加わり…。
エディは体調を崩したため保護に至った子で、その後すぐに口内炎を発症。
12月にはほとんどの歯を抜く手術をしました。

エディが一時期ようやく元気な姿を見せてくれるようになったと思ったら、
今度はつばさが慢性腎不全を発症。
そこから先は坂道を転げ落ちるような日々でした。

残念ながらつばさもエディも、白血病には勝てませんでした…。
みんなの願いも届かず、それぞれ痙攣と腫瘍によって命を奪われてしまいました。

エディのことを悲しんでいる間もなく続いてまるちゃんが体調を崩しましたが、
元気いっぱいとはいかないまでも落ち着いてくれました。

エディが亡くなってまだ明日で3週間です。
ほっと一息ついたとき、まだまだ悲しい気持ちが湧いてきます。

バタバタが続いてエディの遺影すら用意してなくて…。
まずは最優先事項ですね、ごめんねエディ。。





ハウスをスタートした8月の写真を集めてみました。

8-8_1.jpg
ハウスでの最初の晩 つばさぬんちゃん
ぬんちゃんずっと鳴いてたな~


8-8_2.jpg


8-8_3.jpg


8-8_4.jpg
初めて1階へ…


8-8_5.jpg
初めての玄関


8-8_6.jpg
初めての台所(笑)


8-8_7.jpg


8-8_8.jpg


8-8_9.jpg


写真を見てると当時のことを鮮明に思い出します。

つばさにもぬんちゃんにも、もっともっと長生きしてほしかったな。
もっともっと一緒にいたかったな。




8-8_10.jpg

悲しい2周年となりました。。







★Sハウスでは一緒に猫たちのお世話をしてくださる方を募集中です!★
詳しくはこちらから →→
 クリック♪




みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

まるちゃん、ようやく回復の兆し - 2017.08.05 Sat

少しご無沙汰してしまいました

いろいろありすぎて少し疲れが出てしまったということもありますが、
エディの看病中に出来なかったことがたくさん溜まっていて、
まるちゃんや自宅の猫の様子を見ながら、少しずつ片づけていました。

まずはつばさが亡くなる前に行ったっきりの美容院。
伸び放題のくせ毛がこの暑さで限界でした

家の古~いパソコン(VISTA)も本当に限界。
何を開いてもまともに表示されなくなってきて、突然変になったらと思うと
気が気でなかった…
これからセッティングが待ち受けていますが、とりあえず手元にあると
安心できます。

エディの看病に夜中通っていた1週間ほどの間に、車のすぐ横で
蜂が立派な巣を作ってしまって、蜂よけの板を買いにも行きました

急変があった自宅の猫には2,3日夜中も付き添って…。
1週間経ってみて、以前の調子に戻ったことを確認し胸をなでおろしています。

超怖がりなことが病気の引き金になった子で、闘病中の1年7か月は
家電その他の修理に来てもらうこともじっと我慢。
どこにも行けないだけでなく、もう本当に不便な生活を強いられていますが、
それでも生きてくれているんだからね…。

一方で生きたくても生きられない白血病の子たちをお世話していて、
ちょっとくらいの我慢なんて最後の数か月のためならどうってことない、
という気持ちにさせられます。




8-5_1.jpg


まるちゃんのその後ですが、一旦良くなりそうになって、また後退していました。

コンベニアの注射を打ってもらってから1週間後の木曜日にまた病院へ行き、
今度はステロイドの注射をしてもらい、それがようやく効果を発揮してくれたようです。

注射した晩の体調は最悪で、ちゅーるでさえも口にしなかったのが、
翌朝にはウエットをたくさん食べてくれました!

それ以降右肩上がりで体調は回復してきています




8-5_2.jpg


左目の瞳孔の大きさも少しずつ回復してきた感じです!

でも1歳未満の子としてはまだまだ元気があるとは言えないですね。
寝てばっかりのように感じていたハルくんの方がよく動きます。




8-5_3.jpg


またしても白血病ウイルスによる体内の炎症か?ということで、
一時期は気落ちもしました。

今年に入って先生からもう何度も聞いた「発症の前段階」という言葉を
思い出し、まるちゃんは白血病の発症に向かってひたひたと進んでいるのか?
と悲観的になってみたり…。

でもステロイドが効いて、どうやら踏みとどまってくれそうな感じです。




8-5_4.jpg


体調が良くなってきて寝姿もリラックスしてきたまるちゃんと、
いつもリラックスしてるハルくん

夕立もたいして降らなくて夜になっても外はムッとした暑さです。

お外で体調を崩している子は大変だろうなぁ…

ハルまるちゃんを見ていると、この環境を守ってあげたい!と改めて
思うのでした・・・






★Sハウスでは一緒に猫たちのお世話をしてくださる方を募集中です!★
詳しくはこちらから →→
 クリック♪




みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

まるちゃんのこと そしていろいろ… - 2017.07.30 Sun

7-30_1.jpg


23日(日)に体調を崩して以来1週間熱が続いていたまるちゃんですが、
昨日になってようやく熱も下がってきたようです。

木曜日にはいつもの病院でコンべニアの注射をしてもらったので
そろそろ効いてきた頃。

食欲、元気ともにあとひと息というところです。

左目の瞳孔はまだ小さいですが、少しずつ左右の差は縮まってきたかな?
期待を込めて見ているとそんな感じに見えてきます。

いろいろ続くとついつい余計な心配をしてしまうけど、このまま目についても
是非是非良い方向へ進んでほしい!!





一方で・・・
木曜日、自宅の闘病中の猫に急変がありました。

夜のお当番中に家族から様子がおかしいと電話があり、帰宅したときには
口を開けてハアハア息をしてふらふらな状態。

部屋のあちこちに大量に水のような物が吐いてあって、本人は顔も濡れ、
うんPも転がっていました。

もう今度こそお別れかと覚悟したのですが、その後なんとか落ち着きを取り戻しました。

以前より少し弱ったものの、今はまたご飯も食べれるようになり、お薬も飲んでくれます。

先生とは”お薬は飲めなくなるときまで続ける”ということで再確認。

「誰かを送りだしてはすぐに新たな子が体調を崩す」の繰り返しで、
ほっと一息ついてる間もありません。
本当になんでこんな流れになってしまったんだろう?と思ってしまいますが…。

ゆうについては悪化の一途をたどるだけですが、まるちゃんだけでも元気に
なってくれて本当によかったです。


7-30_2.jpg
ピアノの上→部屋の隅へ ゆうが選んだ新たな寝場所





★Sハウスでは一緒に猫たちのお世話をしてくださる方を募集中です!★
詳しくはこちらから →→
 クリック♪




みなさまの応援が励みになります。
ポチっとよろしくお願いしま~す♪




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ハウス管理人

Author:ハウス管理人
2015年夏から白血病の子たちの預かりを始めました。
現在4匹の猫たちが暮らす”猫のおうち”を数人の仲間と一緒に個人で管理しています。
お手伝いしてくださる方を募集中です。

家族紹介


ハル(♂)
推定'12~13年生まれ
ハウスに来た日:'15.8.7
普段は静かで優しい兄貴
大人の雄猫には厳しいのかな?


つばさ(♂)
'14年秋生まれ
ハウスに来た日:'15.8.7
天真爛漫・天然
慢性腎不全で闘病中
脳内の炎症による痙攣とも
闘っています
'17.5.16 永眠しました


エディ(♂)
推定'12年生まれ(諸説あり)
ハウスに来た日:'16.7.1
おっとり・もの静か
'16.12月に2本の犬歯だけ残し
抜歯しました
左目にヘルペスのはずが腫瘍
と診断され闘病しています
'17.7.19 永眠しました


まる(♂)
'16年8月生まれ
ハウスに来た日:'16.12.23
いい子という言葉がピッタリ
ハル兄ちゃんにとても大事に
されてます


ぬん(♂)
推定'13年初めごろ生まれ
ハウスに来た日:'15.8.7
'15.11.11永眠
体は大きいけど繊細な
甘えたさんでした

「第36回 猫の譲渡会」


9月24日(日)
午後1時半~4時半
場所:堺東・東洋ビルにて


詳しくはこちらをご覧ください ↓ 
『ねころじの会主催里親会 Cat on fleek』


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

猫たちの日常 (7)
今日のハウス (2)
ハル (4)
つばさ (52)
エディ (38)
まる (21)
ぬん (1)
家の猫 (3)
保護猫 (2)
ご支援 (1)
ごあいさつ (1)
未分類 (2)

タグ

つばさ エディ まる ハル 家の子 ぬん 

メール

メールフォームは、こちらです。


リンク

にほんブログ村 猫ブログへ


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR